体現帝国『しっぽをつかまれた欲望』WSオーディション

募集元 体現帝国
メールアドレス taigenteikoku@gmail.com
応募資格 男女│18歳~50歳│初心者歓迎, 地域限定, 事務所所属者可
締め切り 2019年1月31日
募集内容 あいちトリエンナーレ2019 舞台芸術公募プログラム
体現帝国 第八回公演
『しっぽをつかまれた欲望』ワークショップオーディション

体現帝国は、2019年9月25日(水)に愛知県芸術劇場・小ホールにてパブロ・ピカソ作[しっぽをつかまれた欲望]の上演を予定しています。そこで本作品への参加者を募集するワークショップオーディションを1週間、全て異なる内容で開催することとしました。本ワークへは出演を希望する俳優は勿論のこと、スタッフを希望する人も体現帝国の作品制作を体感するという意味を込めて参加して頂きたいです。作品参加に関して不安や疑問などあるかもしれませんが“今すぐ飛び込む勇気”を持って参加ください。ワークショップのみ参加も歓迎いたします。体現帝国の世界を体感ください。

日時|2019年2月5日(火)〜11日(月祝)
2月5日(火)19:00-22:00 身体訓練、身体の制御・操縦
2月6日(水)19:00-22:00 身体訓練、獣化、変形・誇張・拡大
2月7日(木)19:00-22:00 身体訓練、操る/操られる
2月8日(金)19:00-22:00 身体訓練、怒り、空間の緊張
2月9日(土)13:00-22:00 身体訓練、戯曲に取り組む
2月10日(日)13:00-22:00 身体訓練、戯曲に取り組む
2月11日(月祝)13:30-20:00 身体訓練、痛み、痙攣、極状態

会場|
演劇練習館アクテノン 名古屋市中村区稲葉地町1丁目47番地

料金|
平日各日 2,000円(2/5-8)
休日各日 5,000円(2/9-11)
ワーク全日通し参加者へは最終日に1,6000円を返金いたします。

しっぽをつかまれた欲望 作品について|
本作品は世界的に有名な芸術家パブロ・ピカソが1941年にナチス・ドイツによる統治下のパリにて執筆した戯曲です。今、日本に暮らしていて私達が管理されるような法律などはありませんが、こうしなければならない・こうすべきという多くの無言の抑圧の下で私たちは暮らしているように感じます。この日本の持つ“異常なフツウ”は近年のスマートフォンの普及やSNSの登場による国際化により強く意識されるようになってきました。政治への信用の低下やデモの多発などがそうでしょう。今回の上演では、『監視・管理される人間』をテーマに作品制作することで、今の抑圧にまみれた日本に暮らす私たちについて考える機会を作りたいです。その方法の実践として、今回は一つの役に対して、声を担当する俳優と、動きを担当する俳優の2名を配役することで、<声に操られてしまう体/体に言わされてしまう声>を創出したいと思います。更には俳優が入れ替わることや、そこに人形を絡めることで作品の発展性を探りたいです。

しっぽをつかまれた欲望 スケジュールについて|
5月 稽古週2回程度
6月 稽古週2回程度
7月 稽古週2回程度
8月 稽古週4回程度、プレビュー公演開催
9月 稽古週4回程度+α、本公演開催
10月 東京公演開催?

体現帝国とは
2008年5月に演出家 渡部剛己が旗揚げした劇団。
特に演劇実験室?天井桟敷を主宰した寺山修司より影響を受け活動を続ける。
恒常的に俳優の身体訓練を行うことで、
舞台上の時空を歪ませた独自の世界を立ち上げることが特徴。
年1回以上の本公演、それに伴う実験公演を行う。

応募方法 日本語英語どちらかでの会話が可能であれば参加可能です。
申し込みはtaigenteikoku@gmail.comまで
?氏名、?年齢、?性別、?所属(あれば)、?ワーク参加希望日、?本公演の参加希望の有無
の上記6件を記入の上、1月31日(木)までに御連絡ください。
申込のあった方から順番にワーク詳細と本公演資料をお送りします。
質問等もお待ちしております。